2013年07月29日

肺結核

私達は、咳や、痰が続く方、微熱が続く方などを診察するとき、肺炎や肺がんとともに、肺結核を疑います。



日本は、世界的にみると、結核の罹患率が高く、人口10万人対新規結核患者数17.7は、アメリカの4.3倍、カナダの3.9倍、フランスの1.9倍です。減少してきてはいるものの、H23年も年間新登録患者は22.661人となっています。特に高齢者の罹患率がふえています。また、受診の遅れによる、発見の遅れも続いています。



結核の症状は咳、喀痰、熱、倦怠感、体重減少、血痰、寝汗などです。栄養状態の悪い方は要注意です。



結核は人から人に感染します。結核患者さんが咳をしたときに、飛び散る飛沫にも結核菌が含まれていて、それを吸い込むことによって、感染します。しかし、感染したからといって、すぐに発病するわけではありません。多くの人は(10人中、8〜9人)、免疫力が結核菌を封じ込めてくれます。しかし、免疫力が低下していると、発病したり、一旦封じ込められた結核菌も死滅せず、体内に残っていた結核菌は免疫力が低下したときに、活発化し、結核の発症にいたります。



こわいのは、結核にかかっているのに、気づかず、受診が遅れ、職場などで、集団感染をおこしてしまうことです。若い方でも油断はできません。



咳、喀痰、微熱が続くなどの方は必ず、受診するようにしてください。

 

 

by Ikeda

posted by ドクター at 16:06| 病気 | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

運動習慣について

今回、初めてブログを担当させて頂きます。学術的なことは他の先生方にお任せして身近な話題を取り上げさせて頂きます。



今回は《運動習慣》についての小話を。


ウォーキング.jpg


早速ですが、皆様は何か運動をしていますか?

 

日々の忙しさを理由に定期的に運動できている方は少ないのではないかと思います。

 



定期的な運動習慣は


1.生活習慣病の予防

 

脳血管障害、心疾患、骨粗鬆症の予防につながります

 

2.基礎代謝アップ

 

骨格筋は基礎代謝の4割を占めており、筋肉量が増えると基礎代謝もアップし、脂肪の燃焼を促します

 

3.若さの維持

 

運動習慣がある方は成長ホルモンやテストステロンなどの分泌が良くなります

 

4.脳の活性化

 

運動により脳が活性化してやる気が増します

 

5.転倒防止

 

運動習慣を身に着けることで転びにくくなるので転倒による骨折を防ぐ効果があります。



と、良いことばかりのようです。



 

 

因みに私は全然運動していません。



最近、流石にまずいなと思って天気の良い日は車通勤を辞めて自転車通勤にしてみました。


しかし、自転車は電導アシスト付きで、少しでも坂がキツイとボタンを直ぐに強に変えています。


体も固くなったので休日にヨガに通い始めましたが、雑務に追われて欠席続きです。





具体的な運動量は厚労省のホームページにあります。


HPはコチラ http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/metabo02/yobou/undo/



推奨されるほどの運動は無理でも忙しい毎日の中で少しだけでも歩いてみたり休みの日に自分の好きな運動を習慣にしてみませんか?


 

by Saito



 


 

posted by ドクター at 11:48| 健康 | 更新情報をチェックする