2013年07月29日

肺結核

私達は、咳や、痰が続く方、微熱が続く方などを診察するとき、肺炎や肺がんとともに、肺結核を疑います。



日本は、世界的にみると、結核の罹患率が高く、人口10万人対新規結核患者数17.7は、アメリカの4.3倍、カナダの3.9倍、フランスの1.9倍です。減少してきてはいるものの、H23年も年間新登録患者は22.661人となっています。特に高齢者の罹患率がふえています。また、受診の遅れによる、発見の遅れも続いています。



結核の症状は咳、喀痰、熱、倦怠感、体重減少、血痰、寝汗などです。栄養状態の悪い方は要注意です。



結核は人から人に感染します。結核患者さんが咳をしたときに、飛び散る飛沫にも結核菌が含まれていて、それを吸い込むことによって、感染します。しかし、感染したからといって、すぐに発病するわけではありません。多くの人は(10人中、8〜9人)、免疫力が結核菌を封じ込めてくれます。しかし、免疫力が低下していると、発病したり、一旦封じ込められた結核菌も死滅せず、体内に残っていた結核菌は免疫力が低下したときに、活発化し、結核の発症にいたります。



こわいのは、結核にかかっているのに、気づかず、受診が遅れ、職場などで、集団感染をおこしてしまうことです。若い方でも油断はできません。



咳、喀痰、微熱が続くなどの方は必ず、受診するようにしてください。

 

 

by Ikeda

posted by ドクター at 16:06| 病気 | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

睡眠障害

 ここのところ、睡眠への注目が増しており、睡眠障害がちょっとしたトピックになっています。


 睡眠障害は、厚生省の統計では20%程度の割合で存在し、かつ老若男女を問わず認められる(実際の有病率は高齢者の方が多くなるのですが)、まさに“ありふれた”病気です。

 

 近年、睡眠と他の病気との関連が生活習慣病中心に検討されてきています。例えば、夜間血圧の高い方で夜間の睡眠が改善すると、夜間の血圧が正常化することが報告されています。また、睡眠障害を人為的に起こした群ではインスリンの効き目が悪くなったりするという報告も出てきています。さらに、糖尿病に長く罹っている方、糖尿病のコントロールが悪い方は、より睡眠状態が悪化する傾向が見られることも解ってきています。


 睡眠障害と生活習慣病はお互いに影響を及ぼしていることが示されつつあり、良眠の重要性がますます注目されています。

 

病院での睡眠障害の薬物治療は、元来主としてベンゾジアゼピン系睡眠導入剤を使い加療を行っていましたが、近年生理的な睡眠を惹起するメラトニン作動薬などの新しい睡眠薬が発売されてきました。睡眠薬もより生理的かつ低副作用のものが選択できるようになり、より肌理の細かい治療が可能となっています。



by Sagami

posted by ドクター at 09:08| 病気 | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

中耳炎

 久しぶりに順番となったのに、個人的な話題で恐縮です。
 
 実はこの秋に風邪を引きまして、その後左耳が突然痛くなりました。そうこうしているうちに音も聞こえづらくなり、耳が詰まった感じがぬけなくて、医者の不養生と言われる前に耳鼻科の先生に診察を受けました。はたして急性中耳炎の診断となり、即日鼓膜切開を受けました。局所麻酔を行ったとはいえ、なかなか痛いものでした。
 
 担当した先生によりますと、成人の中耳炎は頻度が低いようですが、いったんなってしまうと、なかなか症状が治まるまで時間がかかるとのことでした。
 
 私の場合も切開を受けた当日はよかったのですが、しばらくするとまたもや強烈な耳閉感と難聴・耳鳴りが起こり、しばらく日常生活にも不自由しております。耳の聞こえが悪いと会話が続かなくなり、なにしろ耳閉感の不快なことと言ったらいいようがありません。今でも特定の音域が聞きづらく、まだ完全回復とはいえません。残念ながらもう少しこの症状とはつきあっていかなければならないと覚悟しております。普段の健康のありがたさをしみじみ実感している今日この頃ですが、患者としていい経験をしていると自分自身に言い聞かせております。
 
 治療担当の先生に感謝申し上げるとともに、仕事上ご迷惑をおかけしている方々に改めてお詫び申し上げます。

By:Fukuyama

posted by ドクター at 14:39| 病気 | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

胆石について

 今回は胆石についてです。胆石は胆嚢炎や胆管炎の原因となるもので、十人に一人はかかる病気と言われています。実際にご家族のどなたかが手術をされたというかたもいらっしゃるのではないでしょうか。
 
 肝臓は生体内の老廃物や有害物質を代謝、解毒し、胆汁として体外に排出する機能を持っています。日常の役目を済ませたり、余ったりしたコレステロールや古くなった血色素から生成されるビリルビンなどが主要な成分となり、肝臓が合成する胆汁酸とともに水分と溶け合って胆汁になります。

 胆石とは胆汁成分が固まってできた固形物で、主にコレステロール胆石と色素胆石に分類されます。前者は胆嚢に多くできるもので胆汁中のコレステロール濃度が高い時や、胆嚢の収縮機能が低下した時に結晶化し徐々に大きくなると考えられています。
脂肪代謝異常、妊婦、急激なダイエット、胃切除後などに多く発生してくるといわれております。

 色素胆石のなかで最も多いビリルビンカルシウム石は細菌感染が原因であることがわかっております。胆汁中に存在する細菌により水に溶けにくいカルシウム塩ができて徐々に大きくなると考えられています。細菌感染が関連するため、その国の衛生状況を反映するとされています。

 
 最近は日本ではビリルビンカルシウム石は衛生環境の改善に伴い減少しています。もう一つの色素胆石の黒色石は原因ははっきりしませんが、溶血性貧血、肝硬変、炎症性腸疾患などに併発することが多いとされています。
 
 

 胆石の検査は食事をとらないで腹部エコーを行えば痛みも無くスムーズにできます。若い方でも見られる疾患なので一度腹部エコーなどでチェックすることをおすすめします。



                             by Takahashi M
 
posted by ドクター at 12:08| 病気 | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

褥瘡、床擦れをつくらないために

 褥瘡(ジョクソウ)は持続的な圧迫が体の一部に
加わることによって皮膚、軟部組織の血行障害を生じ
組織の損傷が発生した状態です。

意識障害、自発運動の低下、脊椎損傷などによる
知覚障害、運動障害、関節拘縮、骨の突出などを
もつ方に生じやすく、一度褥瘡(ジョクソウ)が生じ
悪化すると治りにくくなってしまいます。

褥瘡(ジョクソウ)をつくらないためには
まず同一部位に持続的に圧迫が生じないように
すること、除圧が大切です。
2、3時間ごとに体位変換をすることが除圧の
基本ですが、単に定期的に体位交換を
していれば褥瘡(ジョクソウ)の発生を
防げるものではありません。
仙骨部、大転子部などの骨突出部の狭い範囲が
2時間も圧迫されると褥瘡(ジョクソウ)を生じる
こともあります。

なるべく広い面積で体重を受け、圧を低下させる
ようにすることが大切です。
シーツにしわが寄らないように整えていることも
大切ですが、除圧マットなどを使用しているときに
シーツをたるみなくきれいに張りすぎてかえって
体にかかる圧を高めてしまいます。
また体位変換をするときにシーツや衣服を
引っ張ってしますと皮膚と深部組織との間に
ずれる力が加わり皮下にポケットをつくる
原因になります。

座位をとるときも体が支えられずに体位が崩れて
しまうとずれの力が生じてしまいます。体位の
保持がしやすいよう上体を上げる角度を
30度程度にとどめたり、枕やタオルを膝下や
ふくらはぎの下に入れたりする工夫が必要です。

健康な皮膚は褥瘡(ジョクソウ)の発生を低下
させます。濡れた状態が長く続くと皮膚の損傷を
生じやすくなります。下着やオムツが濡れたままに
なっていたり、オムツカバーなどでむれた状態が
続くことは褥瘡(ジョクソウ)の発生の原因に
なります。

栄養状態がよくないと骨の突出が高度になり、
亜鉛などの微量元素の不足は創傷を生じやすく
治癒を遅らせる原因になります。バランスの良い
栄養の摂取は褥瘡(ジョクソウ)の発生を低下
させます。

                              By : Hirano
posted by ドクター at 10:24| 病気 | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

「大丈夫? 糖尿病」

 全世界的に糖尿病患者が爆発的に
増加右斜め上しています。

 糖尿病は初期の頃には
ほとんど自覚症状がないため、
健診などを受けていない場合・・・がく〜(落胆した顔)
発見が遅れることも多い病気です。

 治療開始が遅れると、それだけ合併症
(神経・眼・腎臓)が進行したらーっ(汗)たらーっ(汗)
心筋梗塞や脳梗塞の危険度も高まります爆弾

 早期発見exclamation・早期治療exclamation×2 が大切です。

 
 以下のチェックリスト、
              いくつ該当するでしょうか??

  @ 夕食が遅い。間食をする。
  A 運動不足である。
  B 最近体重が増えた。
      (20歳時の体重から5kg以上。)
  C 親兄弟(血のつながった)が糖尿病である。
  D 異常にのどが渇く。
  E 尿の量が増えた。(トイレが近くなった。)
  F 最近体重が減ってきた。


   さて、どうでしたか?

   @〜Cに当てはまった方は、
      糖尿病になり易い生活習慣・糖尿病のリスクを
      高める要因とされています。
      当てはまった方は、
      日常生活を見直してみて下さいね。
       病院 健診を必ず毎年受けることもお忘れなくexclamation

   D〜Fに当てはまった方は、
      既に糖尿病を発症していて、
      高血糖になっている可能性があります。
      早めに 病院 医療機関を受診し、血糖値などの
      検査を受ける事をお勧めします。


                                                By:Yoshida

posted by ドクター at 10:34| 病気 | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

高齢者の股関節の骨折は・・・

 人口の高齢化に伴い大腿骨近位部骨折
増加し、社会的問題を提起している。

本骨折は骨折部位により
  大腿骨頸部(関節包内)
  大腿骨転子部(関節包外)
分けられます。

大腿骨近位部骨折例では、時期を異にして
反対側の股関節に骨折が起こることが有ります。

 平成22年12月11日の時点では、
入院中の大腿骨近位部骨折
21例中8例(38.1%)が両側性でした。

性別では男性1例、女性7例で、
平均年齢は84.9歳(77−97歳)でした。

初回骨折から対側骨折までの期間は
平均4.28年でした。

初回と対側の骨折部位では、
頸部(頸)・転子部(転)4例
頸・頸転・転それぞれ2例でした。
これらの症例の問題点では、
認知症、高血圧、心疾患などの合併症を認め、
2回目の骨折前の移動能力の低下を認めました。
認知症は8例中5例(62.5%)に見られました。

 本骨折の両側例の頻度は、4〜11%で、
初回骨折と2回目骨折では、骨折型(頸・転)が
優意に一致し、対側骨折までの期間は2年以内
46〜75%と報告されています。

 両側例の頻度は少ないですが、以下の項目に
留意することが肝要であると考えます。
   @初回手術後に受傷前の移動動作を
    完全に獲得すること
   A認知症のgradingとその対応を十分に
    行うこと、
   B2回目の術後では、少なくとも2回目受傷前の
    移動動作を獲得できるように
    積極的リハビリテーションを行うこと、
  および
   C患者・家族、医師、コメディカルが一体となり
    患者さんの転倒の予防に取り組むこと。

以上、今回は大腿骨近位部骨折の、両側例の特異点、
問題点および留意点をお話ししました。

文献
1)Katsusima,T,et al:Bilateral hip fractures.
                   J Orthp Sci,11:435-438,2006
2)大数加光治、他:
       高齢者の大腿骨頸部骨折両側例の検討。
       Osteoporosis Japan,12:135-140,2004


                               By : Watanabe

posted by ドクター at 15:16| 病気 | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

「盲腸」じゃない虫垂炎のお話

3回目の出番が回ってきました。
外科の木村ですバスケットボール

痔の手術、乳癌検診のお話に続き、
今回はちょっと初歩的なお話で恐縮ですが、
外科の手術でも頻度の高い「虫垂炎」にしてみました。


 世間一般では「盲腸」と呼ばれている病気ですね。
(何故exclamation&question 誰が言い出したのexclamation&question
我々医療従事者病院は「盲腸」とは言いません。
虫垂炎」と言います。
私は虫垂炎の方に手術説明をする時、
盲腸虫垂の区別はご存知ですか?わーい(嬉しい顔)」と
必ず確認するのですが、医療関係者でない限り
9割方の患者さんは一緒だと思っていますね。


 図を用いて説明します。
   kaimonbu.jpg 
 
図は右下腹部のあたりを示しているのですが、
盲腸は大腸の始まりの一つの脹らみの部分を言い、
左側から長〜い小腸の最後(回腸末端)が合流し、
上方には大腸(この部分は上行結腸)が連続し、
下方には丁度ご自分の小指くらいの長さの
虫垂が垂れ下がっているのです。
虫垂は行き止まりになっていて、内部に膿が
貯まると腫れあがり、診断が遅れると壁が腐り
孔が開いて膿や便がお腹の中に漏れちゃう状態
(腹膜炎)に伸展することもある病気が急性虫垂炎です。

 手術は
虫垂の根っこを糸で結んで切除する簡単なもので、
早期にきちんと診断できれば30分程度で済み、
3、4日で退院可能です。
しかし診断が遅れて化膿が蔓延すると決して簡単な
手術ではなくなり、広範囲に切除したりする(丁度、
この図の範囲を全部切除するような)ことも珍しく
ありません。

腹膜炎になったら大変どんっ(衝撃)
痛いしふらふら
入院期間も倍以上になっちゃいます。

 私は盲腸の名誉のために
声を大にして言いたい!カラオケ
演劇盲腸は悪くないぞー!」と。
盲腸はいつの日からか
「濡れ衣」を着せられた
可哀想なもうやだ〜(悲しい顔)大腸の一部なのだと
分かっていただけましたか?

だから悪くなって手術で摘出されるのは虫垂で、
盲腸は残っていますよ。

わーい(嬉しい顔)「俺、盲腸とっちゃったからないよ」
・・・パンチんなワケないだろうがー(長音記号1) exclamation×2 と、
いつもかすかに思っている私です。


物の本によれば、
江戸時代には虫垂炎で亡くなった人が
かなりいたらしいですモバQ
今は、CTスキャンが診断の精度を格段に
上げてくれました。
右下腹部痛で開業医の先生を受診し、
虫垂炎かも」と言われたら、
決して解熱鎮痛剤や抗生剤で様子をみるような
ことはせず、CTスキャンがある病院病院の外科を
紹介してもらってくださいメモ
「腫れた虫垂」がしっかり描出できます。

手(パー)わーい(嬉しい顔) 発症から腹膜炎になるまでの
2〜3日間が勝負ですよパスワード

                                 By Kimura

   

posted by ドクター at 15:33| 病気 | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

ノロウィルス感染症


 今年はインフルエンザが大流行しておりますが、
まだまだノロウィルス感染症も流行しております。

 ノロウィルス感染症
 秋から春にかけて多くなる、
 冬型の胃腸炎、食中毒のひとつです。

 炎症は、
    嘔吐や下痢、熱発など
    概ね胃腸炎の症状です。

 人への感染経路は、主に経口感染です。

 感染者の嘔吐や便が
 直接または間接的に感染源となります。

 更に汚染されたカキ、その他の二枚貝の生や
 加熱不十分な調理も感染源です。

 潜伏期間は 1〜2日間です。

 予防
  食品の取り扱い時は入念な衛生管理をして、
  十分に加熱すること。

  しっかり手洗い手(パー)をして、
  次亜塩素酸ナトリウムで、
  嘔吐、糞便などを消毒することです。


 治療は、
  ノロウィルスに直接効果のある薬剤はなく、
  整腸剤や痛み止めなどの対象療法です。

   しっかり予防をして
       この冬を乗り切りましょう(^o^)/

                                   By : Nishimaki

posted by ドクター at 17:06| 病気 | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

痛風と高尿酸血症

 検診などで
 尿酸値が高いグッド(上向き矢印)
 指摘された方がいると思います。
 (私も高いのですが・・・たらーっ(汗)

 血清尿酸値が
   7.0mg/dLを超えた状態を高尿酸血症といい、
 この状態が長く続くことで
   尿酸塩結晶が関節に沈着して起こる炎症が
 痛風発作ですがく〜(落胆した顔)

 この発作はかなり痛みを伴いどんっ(衝撃)ふらふらどんっ(衝撃)
通常1〜2週間ほどでおさまります。
 しかし尿酸値を適正に下げないバッド(下向き矢印)と必ず再発しますもうやだ〜(悲しい顔)

 多くは足の親指の付け根に生じますが、
ほかにも肘、膝、手指、アキレス腱部位などの
関節で発作が生じることが知られています。

いわゆる生活習慣病で、
 尿路結石や腎障害を引き起こすこともあります。

 原因は
  次項有食べすぎ、飲みすぎ、肥満、ストレス、
    脱水、薬剤性などがあります。

 特にプリン体が多く含まれているものを
避けるようにしますが、美味しいものには
多く含まれていることが多いですキスマークぴかぴか(新しい)

 特にビールビール、なかでもいわゆるプレミアム系ビール
美味しいもの手(チョキ)には多く含まれているようです。

 食事療法で改善できない場合、内服加療に
なります。

 目参考までに下に資料を添付します目

     スライド1.JPG

     スライド2.JPG

 しかし最近の考え方では、
食事から摂取のプリン体は、
体で合成されるものの1/3〜1/5に過ぎず、
食事療法を厳密にしなくてもよいのではないか
という考え方もあります。

 体質、肥満、食べすぎ、過剰な運動が
高尿酸血症を引き起こすので
生活習慣の見直しや薬物療法を
すすめたほうがよいとも言われています。

 気になることがあれば、血液検査、尿検査などを
考慮してみてください病院

                                 By:Takahashi


posted by ドクター at 17:53| 病気 | 更新情報をチェックする