2012年12月07日

「ただの炭酸水」

25年ほぼ毎日飲んでいた晩酌を今年、ついに止めました!

昨年あたりから翌日の目覚めが悪くなりました。もともとお酒は強いわけではないのに、量が多かったためと思いますが、今では朝のだるい感じもなく、スッキリ起きられるようになりました。

でも、夏場の風呂上りは、やっぱりビールが欲しくなります。ノンアルコールビールは個人的に飲むことができず、たどり着いた先が「ただの炭酸水」。もともと、ヨーロッパでは、「ガス」入りの水が普通に売っています。もちろん、ビールとは違うので、「ビールの代わり」と思うとおいしくないのですが、「お水の代わり」と思って飲むと、これが結構飲めます。

もっとも、お酒が体に有害かというと、そうでもありません。むしろ、一日一回の飲酒は、飲まない人に比べて、死亡率が有意に低いという報告もあります。肝臓や膵疾患、糖尿病の方は、また別ですので、お間違いのないように。

寒くなってきて、冷たい炭酸も飲まなくなりました。今度は、ノンアルコールのおいしい赤ワインでも作ってくれるといいのですが・・・


by Nawata

posted by ドクター at 09:07| 健康 | 更新情報をチェックする